購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tesrydtuf


どうも。いよいよ明日ですね。

久しぶりに豪華メンバーが揃いました。ただ、休み明けや距離の適性など、条件的に不利な馬もいますから、一概に勝った馬が現役最強馬であると決められるわけではありません。

明日の晴れ舞台に水を差すわけではありませんが、それだけ万全の状態ではないと、このメンバーのトップに立つことは出来ないでしょう。

特に、凱旋門賞へ出走した2頭にとっては、これまで以上の厳しい戦いになると思います。

さて、前置きはこの辺にして、私は最近、勝ち馬検討で重視するべき資料は、前走の内容・馬体・追い切りの順ではないかと考えています。

そのため、今から公開する追い切り情報については、少々個人的な憶測に偏るかもしれませんが、軽い気持ちでご覧下さい。

それでは、まず今週の追い切りで、いい動きをしていた馬を数頭まとめて紹介します。

・イスラボニータ
・エピファネイア
・デニムアンドルビー
・ワンアンドオンリー

中でも一番いい動きに思えたのが、天皇賞秋3着のイスラボニータです。

同馬は秋3戦目ということもあり、ほぼ馬なりの軽い走りでしたが、反応といい脚さばきといい、それは最高の動きでした。

残りの3頭も、休み明けをひと叩きされていたり、この秋3戦目となる馬もおりますので、よくなって当然という動きでした。

中でも、エピファネイアの動きは、明らかにもう一段上のギアに入れたような瞬間がありましたので、軽視できない一頭であると思います。

そして、今週の追い切りで、不満の残る動きをしていた馬を数頭まとめました。

・ジャスタウェイ
・ジェンティルドンナ
・ハープスター

やはり、あまり良くないと言っていいのは、ジャスタウェイです。

この馬は、調教駆けするタイプで、全盛期のゴールドシップと併せても、毎回煽るような迫力のある動きを見せていました。ところが海外遠征明けの今回は、どこか重たく自らブレーキを掛けるような走りです。

それから、休み明けをひと叩きされて、さらにいい動きになるだろうと期待していたジェンティルドンナですが、思ったよりも迫力を欠いていました。坂路の馬場状態が不良だったからでしょうか。

そして最後に、ハープスターに関してですが、長めを最後まで一杯に追われ、かなりキツイ負荷を掛けられています。海外遠征帰りですし、繊細な牝馬ということもあり、個人的には嫌でした。

ただ、先にも説明しましたが、追い切りの動きですべてを決めるわけではないので、参考までにしておいてください。

追い切りの検討は以上です。

ジャパンカップの予想は、当日のお昼ごろまでに公開します。お楽しみに。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ

<< 【予想】ワンアンドオンリーが、ダービー馬の真髄を見せる! | ホーム | 馬体だけで判断したジャスタウェイの状態について >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。