購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ufrds


今回のジャパンカップで、1番人気に支持されてもおかしくないジャスタウェイ。

同馬は東京競馬場を得意としており、胴長の体型から判断しても、実績のない2400Mで好勝負ができると考えられます。

しかし、不安がないわけではありません。

まず、長距離輸送となった凱旋門賞後のレースであること。これは過去にディープインパクトがクリアしていますが、けして楽なことではない。

そして馬体の状態です。

TOP画像を見ると、太め感や緩さもなく筋肉に張りもあり、疲労もなくよい状態に思えます。

しかし、今回重視することに決めている、個人的な馬体評価のポイントに関しては、クリアしていません。

yduj


yrdufv


上が、昨年の2013天皇賞秋のジャスタウェイ。

下が、今回のジャスタウェイ。

馬体評価のポイントは肩です。

この馬体画像だけを見て、肩が発達しているのか、それともそれ以外の筋肉が衰退したのかは分かりませんが、この部分が特質して目立つと、どの馬の場合でも結果がよくないことが気になっていました。

ryutiy


その証拠に、昨年ジェンティルドンナを鮮やかに差し切った天皇賞秋の馬体は、見てのとおり、なだらかにまとまっています。

自分はこの状態を「なで肩」であると判断し、好走できる状態であると決めました。

馬は全身を使って走るため、全体がバランスよく発達しているほうが、好走できる状態である思います。

またその逆に、筋肉がある部分に偏って発達している状態というのは、けして好走できる状態ではないと考えます。

ただし、このぐらいでは、そんなに悪いとは思っていません。

あくまでも、他の出走馬と比較した場合に、順番が下がるというだけです。

それに、馬体の体型から判断する限り、イスラボニータやハープスターよりも、こちらの方が2400Mに適した部類に入るとも思っています。

同馬に関しての最終的な結論は、最終追い切りを確認した後にと思っておりますので、もうしばらくお待ち下さい。

それから、オマケですが、ハープスターに関しても触れておきます。

iyfd


utyvbu


上が、今年の札幌記念のハープスター。

下が、今回のハープスターです。

これだけ冬毛が伸びていれば、特別よい状態にあるとは思えませんが、先ほどまで説明したことを思い返してもらえれば、今回のハープスターに関して、軽視することができない理由が分かってもらえると思います。

馬体に関しては以上です。

予想の前に、追い切りの検討もしますのでご期待下さい。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ

<< 【追い切り】前走と同様にイスラボニータが最高の動き | ホーム | 【ジャパンカップ】馬体だけならワンアンドオンリーが本命 >>

コメント

追い切り後の評価も含め楽しみに更新まってます。

リクエストに答えていただき、とても嬉しいです。
ありがとぉございました。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。