購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dfgh


すみません。先週に引き続きハズレました。

見ての通り、先週のハズレ馬券を公開していなかったので、今回のものと一緒に公開させてもらいます。

今回のハズレ予想の原因はハッキリしているので、情けないと思いつつも意外とサバサバとした心境です。

結果論になりますが、やはりマイラーの出る幕はありませんでした。推奨馬を絞りきれなかったのは、自分の読みが足りなかったせいです。

今週の馬体画像を見たときに、どれもこれも「なで肩」という新基準を満たしていました。そして、そのとき迷いが生まれました。どうせこのまま考えても結論は出ない、それなら最終追い切りを見てから考えればいい。

そんなふうに安易に思いを流すことにより、当てるために必要な様々な適性確認を怠ってしまいました。

つまり、馬体から判断できる距離適性を軽視しました。

今回本命に指名した「ショウナンパンドラ」に関しては間違っていなかったと思います。

同馬の敗因は位置取りの差。

鞍上の浜中騎手の胸中は、前走と変わらぬレースをすることで一杯だったと思います。

確かにその意気は間違っていなかったのかもしれません。しかし、都合よく何度も同じレースが出来るほど競馬は甘くなかった。

内々で折り合いをつけ、徐々に進出するようなスムーズなレースを望んでいたのでしょうが、前が壁になればすべてが後手後手に回ることになります。

仕掛けたいときに前が詰まり、やけくそで外に進路を取りましたが時すでに遅し。上位争いにすら加わることができず、6着という結果に終わってしまいました。

理想を言えば、母から受け継ぐスタミナを活かして早めに先頭に立ち、そのまま押し切るレースを期待していましたが、大事に乗りすぎてしまったことが悔やまれます。

ただ、陣営にとってこの負け方は想定の範囲内だと思います。まだまだ底を見せていない3歳馬ですから、焦らず更なる成長を期待したいと思います。

エリザベス女王杯のレース回顧は以上です。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ

<< 【予想・マイルCS】パワーアップしたエースが真価を発揮する | ホーム | 【予想】本命は名馬メジロマックイーン級の上がり馬!! >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。