購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iouy


実は、今週の天皇賞秋に合わせて、新しい馬体の基準を披露するべく、それにピッタリの代表馬を紹介するつもりでした。

そのピッタリの代表馬とは「イスラボニータ」です。

同馬に学ぶべきものは多いのですが、今回の状態に関しては、少々思い描いていた形とは異なりますので、ハッキリとした評価を下すのは、最終追い切りを確認してからにします。

しかし、少々思い描いていた形とは異なるものの、馬体評価の新基準にはピッタリとハマっておりますので、今の状態の良し悪しは別にして、ポイントだけを解説したいと思います。

djhf


まず、サラブレッドは「なで肩」の方が、軽快に走れることに気づきました。同馬は、他の馬と比べてその傾向が強く出ています。

円で囲った部分を見てください。この部分に筋肉が付いているか付いていないかで、前脚の運動が窮屈になるか窮屈にならないかが決まります。

つまり同馬は、その部分の筋肉が薄い「なで肩」ですから、前脚の運動がスムーズとなり、軽快な走りに繋がると考えられます。

又、同馬と同様に、「なで肩」として仕上がっていれば、その基準上、馬体の評価は高くなります。

ertdfyguk


追い切りの動きとの兼ね合いにて、最終的な評価を下すことになりますが、競馬ブックの馬体画像だけで判断するのであれば「フェノーメノ」が一番いい馬体をしていると思いました。

ご覧のように、その肩のラインには無駄な筋肉の厚みはなく、馬体全体のバランスに関しても言うことありません。

同馬は3200Mの天皇賞春を連覇しているために、ステイヤーに思われがちですが、馬体を見る限りベストは中距離でしょう。

約半年ぶりの休み明けとなりますが、鉄砲実績のある馬ですから割引は少ないと考えています。

天皇賞秋の馬体評価は以上です。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ

<< 【天皇賞秋・予想】あぶく銭で未完の大器に賭ける! | ホーム | 馬に惚れて失敗しました >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。