購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ewrty


またまた、馬に惚れて失敗しました。

今回の予想では、ナリタブライアンの菊花賞を再現するなどと大袈裟なことを書き、ご参考にされた皆様に多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

謹んでお詫び申し上げます。

納得の行く走りではなかったので、いろいろと言い訳をしたくなりますが、ワンアンドオンリーが負けたら仕方がないという気持ちでおりましたので、意外とサバサバとした心境です。

今回のワンアンドオンリーは、スタートしてから終始ハミをガチリと噛み、前を走るトゥザワールドに襲い掛かるべく、無駄に力み続けて走っていました。

あれでは、いくら力があっても3000Mは持ちません。

かからない馬だと思っていたのですが、それが勉強不足から生まれる固定観念だと身に染みて感じています。

しかし、2着のサウンズオブアースに関しては、追い切りVTRを見たときに、すこぶる状態がよいと判断できました。競馬ブックの馬体画像も良好で、前走がまぐれではないと確信を持ってました。

また、馬体評価で菊花賞向きだと取り上げたゴールドアクターが、3着に粘りこんでくれたのも嬉しかった。

結果的に、馬券は的中しませんでしたが、相手に関しての狙いは優れていたものであったと自負しています。

それから、予想する段階で、ショウナンラグーンを菊花賞向きの馬体ではないと、無印にできたことも大きな進歩でした。もちろん、16着と大敗したトゥザワールドも同様に無印にするべきでしたが、欲を言えばきりがありません。

結果が全てではありますが、以前よりも私の心は折れていませんので、来週の天皇賞秋で挽回したいと思います。

もう一度期待してください。以上です。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ



<< 【天皇賞秋・馬体】新基準は「なで肩」です | ホーム | 【菊花賞・予想】あの馬が、20年前の菊花賞を再現する! >>

コメント

あれだけ終始外を走れば、最後もたないね!枠も外だったのが痛かったかな。
トーホージャッカルは舌べろんべろん出して走ってたけど、まだ本気で走ってないの?癖?でも強かったっす!天皇賞よろしく。

umaibowさん、どうも。
前半は速いペースだと思いましたが、
先行馬がそのまま押し切ってレコード勝ちしてしまいました。
確かに枠順の有利不利はあったのかもしれません。
しかし、あの日のワンアンドオンリーは、
パドックの周回中にイレ込んでいたそうです。
内枠なら力まずに走れていたとは限りませんので、
自分にもハッキリとしたことは分かりません。

天皇賞秋は人気が割れそうなので腕が鳴ります。
これまでとは違う観点で予想しますよ。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。