購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
srdtfyu


今週は、結局結論が出ませんでした。

このガラリ一変した逞しい馬体が悩みに悩ませました。

以前なら、ひと目見た瞬間「こいつが一番いい馬体」と決め付けていたでしょうが、どうにも結果が伴わない評価基準に迷い込んでいると、疑わしい一頭に入れたくなってしまいます。

馬体というのは、極端な状態がいけないようです。

筋肉が上がりすぎていたり、下がりすぎていたり。硬すぎていたり、柔らかすぎていたり。

そんなのあたり前だろうと思われるかもしれませんが、間違いを間違いだと結論付けるためには、失敗という経緯も必要なはず。

いい状態に仕上がっている馬体の見本というのは、筋肉には適度な張りがあり、上がりすぎず下がりすぎず・・・。

ygkhl


そう、丁度こいつのような馬体。

◎タガノブルグ
○マジェスティハーツ
▲サトノギャラント
△ミトラ

今週は新たに、「腕立て」という基準を当てはめてみました。

人間誰しも、フレッシュなときに腕立て伏せをすると、肩の位置が下がり背筋を伸ばした状態になります。

もちろん、そこに力みはなく、踏ん張る必要がないほど、楽に両腕を立てることが出来る。それは、サラブレッドも同じなのではないかと考えました。

買い方は、本命のタガノブルグ1頭軸で、相手○▲△3頭の三連単マルチ。計18点勝負です。

馬体画像のなかった「サトノギャラント」と「ミトラ」の選抜は、スローペースの瞬発力勝負になると見込んでの選定です。

思い切って、無印にした一番人気の「ダノンシャーク」が馬券に絡んでしまったら、今後は予想が当たるまでランキング上げをやらないことにします。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ


<< なぜ「マジェスティハーツ」は大敗したのか | ホーム | 後楽園から自宅まで約2万歩、約6時間かかり帰宅しました >>

コメント

自分を信じて

グリーンチャンネルで
2008年10月19日に競馬場の達人に
岡田繁幸さんが登場しました

ちょっと前の番組ですが
この人の馬のみかたを知り
競走馬のパドックの見かたの認識が
がらりと変わりました

きっと参考になると思います
Uチューブの「競馬場の達人」で
検索してみてください

札幌記念に
ゴールドシップと
ハープスターが登録しています

10番にハープスターならいいですね

誌上パドック診断はどの馬を指名するのか
楽しみにしています




コロポックルさん、どうも。
ありがとうございます。
ハズレてばかりいるので、
そろそろ野次が飛んでいるかもとハラハラしました。
岡田さん凄いですよね。弟子入りしたいぐらいです。
今度youtubeで見てみます。
札幌記念当てますから期待してください。

岡田ファン?

>岡田さん凄いですよね。

1986年ダービーのゲスト解説の時に
「ウチの馬が負けるとしたらダイナガリバー!」と
ダイナカリバーとグランパスドリーム(ウチの馬)
1着、2着を1点でズバリ当てたことです

ダービーを14番人気ながら勝てると思い
もし負けるならこの馬とダイナガリバー1頭を
ズバリ指名したことにびっくりしました。

この人はすごいです


コロポックルさん、どうも。
岡田さんは、種牡馬としてステイゴールドを手に入れたのも凄いですよね。

それから、地方デビューから中央へという試みで
競馬を盛り上げてくれているところも好きですよ。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。