購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dgsgg


見ての通り、どう見てもパンパンの馬体。

かなり鍛えられているようで、筋肉の張りもバランスも申し分ありません。宝塚記念は2200Mなので、これまでのように筋肉を付けすぎたとしても邪魔になることはないでしょう。

あとは調教VTRで、前脚の柔らかさを確認するだけ。

そして当日に雨が降り、道悪になれば言うことはありません。

しかし不安です。

こういう、筋肉がパンパンに膨れ上がった状態は、レースや追い切りによる疲労が溜まっている場合が考えられます。芦毛だけに、慎重に見極めなければなりません。

aeta


この画像は、同馬が最も見せ場なく15着に敗れた「2013年ジャパンカップ」での馬体。

これを見ると、今よりも柔らか味はありますが、筋肉が落ち活力に欠けている。当時何があったのか知りませんが、馬自身に覇気がなくて実が入らなかったのかも。

そう考えると、今回は馬体が一変しているだけに、結果も大きく変わってくるはず。

本来は、馬体画像だけで結論を出さなければなりませんが、同馬に関しては追い切りを見てから判断したいと思います。

以上です。

(世界一の競馬ブログ)

←馬体画像確認後、この馬は勝てないと判断。



にほんブログ村 競馬ブログへ

<< ジェンティルドンナは来れても3着まで! | ホーム | パドックで一番よく見えたのは「レッドアルヴィス」でした。 >>

コメント

久しぶりです、最近更新してますね、仕事は、とうとうやめたんですか?トーセンジョーダンとウインバリアシオンの馬体診断して欲しいです

[ハチロクさん、どうも。
そうなんです。事情があり辞めてしまいました。
現在は求職中で暇になり更新しています。
夏までに転職先を決めなければいけないのですが、
条件に合う職場を求めているだけに厳しいです。

ウインバリアシオンは、前走と変わらず良い馬体と判断しています。
トーセンジョーダンは、少し緩いかなということで評価を下げました。

ジェンティルについては明日公開します。

ありがとうございます、やはり退職してましたか、競馬で生活出来たらいいのに、穴は、デニムアンドルビーでしょうか、ジェンティルドンナが複勝圏を外すかが問題です。

デニムもいいと思ってます。
ジェンティルは押さえたほうがいいでしょう。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。