購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jrt

どうも。

歴史上の名馬や名勝負などは、誰かが勝手に選んだ記録上の思い出にすぎません。

そのレースやその馬で、自分自身が良き思い出として残せていなければ、名馬や名勝負など一向に増えることはないでしょう。

皆さんは、過去の安田記念の名勝負をいくつ覚えていますか。安田記念の勝ち馬を、何頭答えられますか。

あのウオッカが勝ったのは5年前です。
あのタイキシャトルが勝ったのは16年も前です。

今週の安田記念を、忘れられない思い出のレースとして心に刻み込むには、絶対に予想を的中させなければなりません。

しかし同レースは、毎年荒れるに荒れる的中困難なマイル戦。

そんなレースを、馬体画像を参考にしただけで、当てることができるのか・・・。

それが出来るかどうかは、結果を見て判断してください。

今回の出走登録馬の中で、最も勝てる可能性の高い馬を、今週の「競馬ブック」に掲載されている馬体画像のみで、大胆に当ててみせます。

◎トーセンラー
○ジャスタウェイ
▲ショウナンマイティ

上記のように印だけの予想なら、馬体画像が公開される月曜日の段階でお知らせすることができます。

先週は大口を叩き、大きく恥を欠く結果となりましたが、今週の安田記念に関しましても、『馬体こそが、勝ち馬を見極めるための重要な条件になる』ことを、もう一度証明させていただくつもりです。

もちろん根拠もあります。

その根拠につきましては、後日改めて書きたいと思います。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ


<< ジャスタウェイは来ても2着まで | ホーム | 自分はまだ諦めておりません >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。