購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ezsyduf


今回、自分の予想を参考にし、不快な思いをさせてしまったことを、心より深くお詫びを申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

また、長い間放置していたメルマガも調子に乗って発行してしまい、その被害を広げてしまったことをお許しください。

今回行われたダービーというレースは、レースのレベルが高くなる傾向にあり、ほぼ紛れのない結果になるため、個人的にかなりの自信を持って挑みました。

それまでの実績など重視することなく、馬体だけ見れば勝ち馬が判断できるレースなど、他にはありません。

しかしその結果は、本命の「トゥザワールド」が、直線半ばで伸びを欠き、上位馬に決定的な差を付けられての5着と、惨憺たる内容でした。

先行馬有利の展開と、内側の馬場状態が良好であったことによる、位置取りの差が勝負の分かれ目であったと言われておりますが、それは各陣営の言い訳でしかありません。

その日、そのレースで、どの馬が、最高のパフォーマンスを発揮できる状態にあるのかを判断するには、パドックを見れば分かります。

非常に暑い一日となりましたが、昨年に引き続き東京競馬場で観戦し、その状態を確認してきましたのでご報告させていただきます。

自分は「トゥザワールド」「イスラボニータ」「ワンアンドオンリー」の3頭に注目していました。そして、この日のパドックで、一番出来がよかったのが「イスラボニータ」でした。

ehte

同馬の瞳には覇気があり、気負いも無く、時おり場内を見渡すほど心の余裕を見せていました。

結果は2着と、惜しくも負けることになりましたが、レース中は行きたがるそぶりを見せ、ゴール前では自慢の末脚が鈍るなど、やはり状態の良さだけでは距離の壁は超えられません。

ここまでは予想通りです。

ewat

しかし、自分が本命に指名していた「トゥザワールド」に関しては、瞳に輝きと覇気がなく、パドックを周回している間、何度も何度も確認しましたが、他の馬と比べ巨体な分緩さが目立ち、残念ながら良い状態であるとは思えませんでした。

こうなると、レースが始まるまでの期待に満ちたワクワク感など味わえなく、またまた恥を欠いてしまうという不安ばかりが付き纏うだけです。

同馬は案の定、スタート直後の行きっぷりも悪く、最後はヨレるように脚を鈍らせていました。

敗因は、お釣りを残した仕上がりと、皐月賞で完敗した「イスラボニータ」へのコンプレックスだと思います。つまり、走る前の顔合わせの段階で、同馬に恐れをなして負けていたということです。

fghag

そして最後の報告は、今回のダービーを制した「ワンアンドオンリー」です。この馬体画像でも分かりますが、非常に胴が長く、特異な馬体をしていました。

胴は丸太のように長く張りがあり、首を伸ばしている姿は、絵画に登場するサラブレッドに見えました。覇気もあったことから、距離の適性から考えて、コイツが一番怖いのは言うまでもありません。

ただ、自分が同馬を軽視した理由は、筋肉の柔らかさを基準に入れていたからです。見た目だけなら同馬は硬く見え、「トゥザワールド」の方が柔らかく見えました。

個人的に、ほぼ紛れのないダービーこそが、『馬体こそ、勝ち馬を見極めるための重要な条件』という持論の信憑性を深める絶好の舞台だと考えていました。

そして、結果が全ての世界ですから、その信憑性が乏しくなったことは認めます。

しかし、自分はまだ諦めておりませんので、ご迷惑でなければ、これからも予想や見解を読みに来てください。

(世界一の競馬ブログ)

<< 今週の安田記念を勝つのは「トーセンラー」です。 | ホーム | 馬体こそが、勝ち馬を見極めるための重要な条件となる >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いや、趣味のブログだし謝らなくていいんだよ(笑)
たださ、ここまで来ると面白いとしか言うようがないからさ。

どうしたら当たるのかっていう熱意みたいのが感じられないんだよ。フォトパでやるならやるでいいんだけどさ、理論を突き詰めてないよな。

umaibowさん、お久しぶりです。
またこうして来てくれて嬉しいです。
最近暇になったので、ダービーをきっかけに再開しました。
メルマガも発行して行きたいと思っています。

たけしさん、どうも。
個人的に、ダービーは3000円の負けとなりましたが、
それ以上に信頼を失うことことのほうが痛いです。
今までどおりハズレたら謝ります。

熱意という意見は気づくところがあります。
少し考えてみます。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。