購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ewat

お久しぶりです。

ダービーぐらいは参加しておかないと、世界一の競馬ブログは名乗れませんよね。

この日までに、充電していたわけでもなく、いきなりパワー全開とは行きませんが、自信があるので勝負させてもらいます。

今回の「第81回日本ダービー」を制するのは「トゥザワールド」です。

この自信には根拠があります。

G1皐月賞2着。6戦4勝2着2回連対率100%.同馬の実力は申し分ありません。しかし、どの馬に関しても、ダービーに出走できる時点で秀でているのですから、過去の成績を重視する意味はないでしょう。

そこで、勝ち馬を見極めるための重要な条件となるのが、馬体です。

またかよと。またオレたちを騙す気なのかよと、思われたかもしれません。

分かっています。心から反省しています。

しかし、日本ダービーに関しては、馬体こそが、勝ち馬を見極めるための重要な条件になることを信じてください。

ehte

この馬体は、今回一番人気になる「イスラボニータ」です。

皮膚が薄く、背中にも張りがあって悪くはありませんが、残念ながら府中の2400Mに適した馬体ではありません。

前走の皐月賞では、先行する「トゥザワールド」を目標に、キレのある末脚を披露して、鮮やかに差し切ってみせましたが、昨年の皐月賞馬「ロゴタイプ」がそうであったように、舞台が変われば適性と結果も変わります。

fghag

また、見ての通り、胴が長く、府中の2400Mの舞台にて、更なる活躍が見込めそうな「ワンアンドオンリー」ですが、馬体から醸しだされる風格においては、トゥザワールドに見劣ります。

ewat

日本ダービーに関しては、馬体こそが、勝ち馬を見極めるための重要な条件となる。

そしてその証明を、このダービーを勝つための生まれてきた「トゥザワールド」に見せてもらいたい。

以上のように、今回は人気馬の単勝1点勝負になりますが、もしよろしければ、自分と一緒に勝負してください。

(世界一の競馬ブログ)

<< 自分はまだ諦めておりません | ホーム | 東京新聞杯の予想です(大事に育てられた恩を倍にして返す) >>

コメント

久しぶり
天才だよ、マジ天才。先行馬が追い込みに回って負けるの予知するとかなかなか出来ない。

たけしさん、お久しぶりです。
いつものごとく、厳しいコメントありがとうございます。
今回もハズレてしまいましたが、次は当てますのでまた来て下さい。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。