購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pp10[1]


どうも。今日の雪、凄かったですね。

開催が中止になることはよくありますが、自分がサラサラとした深雪を踏みしめることなんて滅多にありません。

今もまだ降ってますからね。だけど、明日の通勤のことはわりとどうでもよくて、明日の東京新聞杯が通常どおり行われるのか心配です。

ついにいい状態になりましたよ。
このブログでもお馴染みのコディーノくんが。

いやいや、昨年のダービーでは大恥を欠き、はたまたファンの方に大変ご迷惑をお掛けいたしました。

この馬は凄い馬だとあれだけ騒いでおきながら、結局クラシックでは一冠も獲れず、そしておまけに一勝もできなかったんですから。

自分も大人げなく意地になっていたところもありました。何とか、こいつのいいところを見つけようとして、過剰に期待していたところも多々ありました。

でもようやく、その期待に応えてくれる時期が来たようです。

pp07[1]


pp10[1]


見てください。上が昨年の天皇賞秋での馬体です。
そして下が、古馬となった今回の馬体です。

馬体が詰まってきてますよね。筋肉がまとまってきたようです。

今週の追い切りも見ましたが、今までになく力強い脚捌きで覇気を感じました。明らかに良くなってます。

恐らく、今回の馬体に表れているまとまりの良さは、力強い走り方によるものと推測します。今年からマイル路線へ変更したことによって、毎日の調整による攻め方も積極的になったのではないでしょうか。

これまでは、テンションを上げさせぬよう、恐る恐る腫れ物に触るようにして走らせていたようですが、マイル路線への変更により、鞍上がハッキリとした意思表示を伝え「強く走る」というあたり前の繰り返しが、詰まるような馬体のまとまりに繋げられたと思います。

それからもうひとつ、筋肉が柔らかく見えるところも、このブログにとって凄く重要なポイントとなります。

自分もここまで来たら、意地でも復活することを前提に追いかけて行くつもりです。

◎コディーノ
○ダノンシャーク
▲サトノギャラント
△エキストラエンド

コディーノくん、まずは軽く東京新聞杯を勝って下さい。

大事に育てられた恩を倍にして返しましょう。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ


テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

<< 馬体こそが、勝ち馬を見極めるための重要な条件となる | ホーム | ペルーサが完全復活! >>

コメント

安田記念に向け、賞金加算の為にも負けられないですね。

夏には、ジャックルマロワ賞か、ムーランドロンシャン賞か?

一週間の延期が、良い方に出るといいですね。 

えいどんさん、お久しぶりです。
この開催延期は関西馬には痛いですね。
ダノンシャークは回避したようです。
今週も雪が降るようですが、こいつは月曜日ですから大丈夫でしょう。
幸いにも体調には何の問題もないみたいなので、大事に使われてきた分、恩返ししてくれるでしょう。
勝ってほしいですね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。