購読無料です

メルマガ購読・解除
 

プロフィール

ルグリエール

Author:ルグリエール

Google広告

FC2カウンター

Google広告

Googleリンク

Google広告

Googleリンク

最近のコメント

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

Google検索

カスタム検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jijijiijpp01.jpg


おはようございます。ようやく開き直ることができました。

本来であれば、こんなに悩む必要はなかったのですが、絶対的な存在の本命馬が、2週連続で滅茶苦茶ハードに追い切られている様子を見て、酷く不安になりました。

「疲れが残るんじゃないか…」

でも、自分は考えすぎているのかもしれません。自分の馬体理論を強調しすぎていたのかもしれません。

馬の能力は平等ではなく、大差があります。

どんなに好調でも、全ての馬には天井があり、その天井の上には別の馬の底があります。

仮に、こいつの状態が底をついていても、他の馬にとっては行き着くことの出来ない力の差があると判断しました。

◎ゴールドシップ
○フェノーメノ
▲デスペラード
△アドマイヤラクティ
△レッドカドー
△メイショウカンパク

先日の皐月賞では、誰でも当たるような馬券を外してしまい、大失敗をしました。

しかし、そのお陰で大事なことを思い出せたのだから、良しとしなければなりません。

競馬の予想で一番重要なのは、馬体ではなく器です。

底の深い器ほど天井が高く、そして容量が大きいほど中身が底をつく心配もありません。

ゴールドシップはそういう馬です。

競馬に絶対はありませんが、ここで負けてもらっては困ります。伝統ある天皇賞春に、勝利する資格があるのは、この馬だけだと思います。

(世界一の競馬ブログ)





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ


テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

<< 天皇賞春のレース回顧(やっぱりMU理論は正しかった) | ホーム | 天皇賞春の有力馬情報(こいつの馬体を、どう評価するべきか) >>

コメント

すみません…。
帰ったらレース回顧書きます。

凄いな、とうとうゴールドシップまで飛ばしたか。
有る意味、凄い理論だわ。参考にはなる。

ありがとうございます。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。